医療法人社団 千秋双葉会 そが未来クリニック 内科・呼吸器内科・消化器内科・アレルギー科・小児科


千葉県千葉市中央区今井1丁目25-6 LANART蘇我2F お電話でのお問い合わせはこちらから
tel043-266-3170

循環器症状

循環器症状(胸痛、動悸、むくみ、不整脈)

循環器症状とは?

循環器症状とは、心臓や血管の病気によって起こる症状の総称です。代表的な症状には、胸痛、動悸、むくみ、不整脈などがあります。これらの症状は、日常生活に支障をきたしたり、生命に関わる危険性があったりする可能性もあるため、早めの診断と治療が重要です。

主な症状
胸痛
圧迫感、締め付け感、痛みなど、様々な種類があります。狭心症や心筋梗塞などの症状である可能性があります。
動悸
心臓の鼓動が速くなったり、不規則になり、不整脈の症状である可能性があります。
むくみ
足首やふくらはぎなど、体の末端部分が腫れ上がります。心不全や腎臓病などの症状である可能性があります。
不整脈
心臓の鼓動のリズムが乱れた状態です。心房細動や心室頻拍などの様々な種類があります。
循環器症状の原因

循環器症状の原因は様々ですが、主な原因としては以下が挙げられます。

動脈硬化
血管の内側が厚くなったり、硬くなったりする病気です。高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が原因で起こります。
狭心症
心臓の筋肉に十分な血液が供給されなくなる病気です。動脈硬化によって冠動脈が狭窄することが原因で起こります。
心筋梗塞
心臓の筋肉に血液が供給されなくなる病気です。血栓によって冠動脈が閉塞することが原因で起こります。
心不全
心臓のポンプ機能が低下し、全身に十分な血液を送り出せなくなる病気です。
不整脈
心臓の電気信号の伝達異常によって起こります。
循環器症状の予防

循環器症状を予防するためには、塩分・水分制限の管理、感染症の予防、しっかりと内服を管理すること、生活習慣を見直すことなどが重要です。具体的には、以下のような点に注意しましょう。

禁煙
喫煙は動脈硬化や狭心症、心筋梗塞などのリスクを高めます。
食生活の改善
バランスのとれた食事を心がけ、塩分、脂肪、コレステロールの摂取量を控えましょう。
適度な運動
週に3回以上、30分以上、息が少し弾む程度の運動をしましょう。
肥満の解消
肥満は動脈硬化や心不全などのリスクを高めます。
ストレスの解消
ストレスは血圧を上昇させ、心臓に負担をかけます。
定期的な
健康診断
定期的に健康診断を受け、コレステロール値や血糖値などの数値をチェックしましょう。

当院では心臓超音波検査・心電図・レントゲン・CTなどで全身評価を行い、最適な治療を提案します。
急激な悪化時には高次医療機関・専門医への紹介も検討します。循環器症状でお困りの方は、ぜひ当院にご相談ください。

診療案内に戻る

  • インターネット予約はこちら
  • オンライン予約はこちら

診療時間

  日・祝
9:00 ~ 13:00 - -
15:00 ~ 18:30 - -

土曜日の午後診療は17:00まで
※ 休診日 木曜、日曜、祝日